セブ島・フィリピンへの英語・語学留学エージェント セブイチ > お役立ちコラム > フィリピン留学に困らないお金の引出し方とは?

フィリピン留学に困らないお金の引出し方とは?

2015年4月30日  お役立ちコラム |
res_DSC_6006

フィリピン留学には、ある程度の生活資金をあらかじめ用意して臨むという方が多いでしょう。

日本円からペソへと両替するほうが、お金を引き出すよりも手数料は少ないのです。

でも、あまり大金を持ち歩いていると、リスクばかりが高くなってしまいます。

それに、生活状況によっては、どうしても追加でお金が必要になることもあるでしょう。

ですから、フィリピン留学でお金が必要になった時に、迅速に問題を解決するためのお金の引出し方を覚えておきましょう。

フィリピンのATMで使えるキャッシュカード

日本のキャッシュカードがフィリピンでも使えるものであれば、何の不便も感じることなくお金を引き出すことができるでしょう。

新生銀行をはじめとして、キャッシュカードがフィリピンのATMで使用できるものが便利です。

それは、紛失した時にクレジットカードのような使われ方がないためです。

まずはカードに「Cirrus」や「PLUS」のように、海外でも使用できるカードであるかを確認する必要があります。

もしも、キャッシュカードにその表記があれば、フィリピンでもペソの引出しに困ることはありません。

でも、1度に引き出せる限度額が決められています。

セブ島のATMでは1回10000ペソ、1日で50000ペソまでしか引き出せないのです。

それに手数料がかかりますので、結果的には日本円を持っていって両害をするというスタイルの方が、お金の節約に繋がるでしょう。

クレジットカードでもお金が引き出せる

海外でも使い勝手に優れているクレジットカード。

フィリピン留学を行う時に、1枚あるだけでも便利に思えるでしょう。

クレジットカードでも、「Cirrus」や「PLUS」の表記があるATMであれば、お金を引き出すことができます。

日本よりも物価が安いフィリピン留学では、一般的なクレジットカードのキャッシング枠の範囲内で十分生活の足しになるお金を引き出すことができるでしょう。

ただし、盗難や紛失など、アクシデントに見舞われた場合の代償が大きくなってしまうというデメリットには、十分注意しなければなりません。

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、
Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

セブ島・フィリピン英語留学の情報を発信中。最新情報はこちらでチェック

follow us in feedly

関連記事

「TOEICテストハイパー模試」のレビュー 模試を何度も繰り返しやることで、点数UPにつながります!(M.Mさん 女性 関西学院大学 3年)

書籍の情報について TOEICテストハイパー模試 ・出版社:旺文社 ・発売時期: ・価格:1,800円+税 総合評価点5/5点満点…

「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の量が多く、さらに分かりやすいです(H.Sさん 女性 関西学院大学 4年)

書籍の情報について 入試頻出英語標準問題1100 ・出版社:桐原書店 ・発売時期:1998年7月 ・価格:1350円+税 …

「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の量が多く、さらに分かりやすいです(H.Sさん 女性 関西学院大学 4年)

書籍の情報について 入試頻出英語標準問題1100 ・出版社:桐原書店 ・発売時期:1998年7月 ・価格:1350円+税 …

「ENGLISH EXPRESS 9月号」のレビュー-レベル別に時事問題についてのリスニング素材が用意されている。(A.Kさん 女性 筑波大学 1年)

書籍の情報について ENGLISH EXPRESS 9月号 ・出版社:朝日出版社 ・発売時期:2016年9月 ・価格:124…

「Duo3.0」のレビュー-語彙力・英語力向上のための日常学習のためにも使うことができます。(N.Yさん 女性 筑波大学 2年)

書籍の情報について Duo3.0 ・著者:鈴木陽一 ・出版社:アイシーピー ・発売時期:2000年 ・価格:1296円 総合評価点4/5…

このカテゴリの新着記事

2018年6月5日 「TOEICテストハイパー模試」のレビュー 模試を...

2018年6月5日 「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の...

2018年2月26日 「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の...

2017年3月27日 「ENGLISH EXPRESS 9月号」のレビュ...

2017年3月27日 「Duo3.0」のレビュー-語彙力・英語力向上のた...

ページトップへ