セブ島・フィリピンへの英語・語学留学エージェント セブイチ > お役立ちコラム > フィリピンでの親子留学でおすすめの語学学校とは?

フィリピンでの親子留学でおすすめの語学学校とは?

2015年5月1日  お役立ちコラム |
res_DSC_5406

留学には語学留学、短期留学、休学認定留学やインターンシップ留学など様々な種類があります。
留学の中には、親子留学というものがあることをご存知でしょうか?

今回は、フィリピンの親子留学について紹介しようと思います。

親子留学ってどんな留学なの?

親子留学とは、親子で一緒に海外体験をすることが出来る留学です。
子どもの年齢や英語力に合わせた授業体験や、親子一緒に参加することが出来るアクティビティもあります。

「小さいうちから英語に馴染ませたい」、「子供と一緒にホームステイをしたい」、「夏休みに海外の学校で学ばせたい」という方にはおすすめの留学です。

また、祖父母と孫というような三世代留学も可能です。

フィリピンでの親子留学でおすすめの語学学校とは?

フィリピンでの親子留学でおすすめの語学学校は3校あります。
治安が良くスタッフがしっかりしている学校を厳選しています。

一校目は、デブマクタン島にある「Bayside Premium Resort」という学校です。

2012年から日本人オーナーとなり、日本人の学生に適したマンツーマンを多く取り込んだ、カリキュラムやサポート体制を充実させています。

校長先生は、オーストラリア人でオーストラリアの公立英語学校で20年以上のキャリアを持ち、IELTSの試験官です。

かなり高い教育水準を持った学校であることが分かるかと思います。
開放的なキャンパスで伸び伸びとしているところも特徴の一つです。

二校目は、セブにある「SMEAG キャピタル」です。

IELTSコース、一般英語コース、TOEICコースやスパルタコースというようにコースがいくつかありコースによってキャンパスが異なります。
一般英語コースがあるキャピタルキャンパスはセブのガダルーペ地域にあります。

ガダルーペは、主要な行政機関とセブ市の中心と隣接しているため利便性が高いです。

三校目は、ネグロス島にある「OK English」です。

ネグロス島はセブ島の隣にあるため、セブ島からは飛行機で40分だそうです!!
有名な海辺ボラカイが近く、小旅行に適した立地となっております。

「OK English」は、ネグロス島最大の町であるバコロドにあります。
日本人スタッフもおり、安心して勉強することが可能です。
ゆったりとした広い敷地の中に、校舎と寮があり周りも静かで落ち着いているため、親子留学に適した環境です。

まとめ フィリピンには親子留学に適した学校がたくさん!!

今回は、フィリピンでの親子留学について紹介しました。

いかがでしたか?

フィリピンはリゾート地としても有名であるため、親子留学にはかなり適していると思います。

親子留学はしてみたいけどどこに留学しようか迷っている方、フィリピンでの親子留学も良いですよ!!

セブイチでは、親子留学のサポートも行っています。詳細は下記のページをご覧ください。
セブ島・フィリピンへの親子留学 | セブ島・フィリピンへの英語留学ポータルサイト セブイチ

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、
Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

セブ島・フィリピン英語留学の情報を発信中。最新情報はこちらでチェック

follow us in feedly

関連記事

「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の量が多く、さらに分かりやすいです(H.Sさん 女性 関西学院大学 4年)

書籍の情報について 入試頻出英語標準問題1100 ・出版社:桐原書店 ・発売時期:1998年7月 ・価格:1350円+税 …

「ENGLISH EXPRESS 9月号」のレビュー-レベル別に時事問題についてのリスニング素材が用意されている。(A.Kさん 女性 筑波大学 1年)

書籍の情報について ENGLISH EXPRESS 9月号 ・出版社:朝日出版社 ・発売時期:2016年9月 ・価格:124…

「Duo3.0」のレビュー-語彙力・英語力向上のための日常学習のためにも使うことができます。(N.Yさん 女性 筑波大学 2年)

書籍の情報について Duo3.0 ・著者:鈴木陽一 ・出版社:アイシーピー ・発売時期:2000年 ・価格:1296円 総合評価点4/5…

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のレビュー-リスニングや文法問題は得意なのに、実際に喋るとなると苦手という人におすすめ。(T.Iさん 男性 筑波大学 3年)

書籍の情報について どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ・著者:森沢洋介 ・出版社:ベレ出版 ・発売時期:2006/10/25 ・価…

「英English through the News Media 2015 Edition」のレビュー-本物の英語表現を本書を通して学ぶことが可能。(A.Tさん 女性 大阪大学 3年)

書籍の情報について 英English through the News Media 2015 Edition ・著者:高橋優身・伊藤典子・Ric…

このカテゴリの新着記事

2018年2月26日 「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の...

2017年3月27日 「ENGLISH EXPRESS 9月号」のレビュ...

2017年3月27日 「Duo3.0」のレビュー-語彙力・英語力向上のた...

2017年3月27日 「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のレビ...

2017年3月27日 「英English through the New...

このサイトはジオトラストにより認証されています

ページトップへ