セブ島・フィリピンへの英語・語学留学エージェント セブイチ > お役立ちコラム > フィリピン留学の学校は韓国資本と日本資本が存在する

フィリピン留学の学校は韓国資本と日本資本が存在する

2015年4月30日  お役立ちコラム |
res_DSC_6115

元々は韓国が日本よりも先にフィリピン留学の環境を整えており、現在ではそれを負うようにして日本資本の留学先が確保されるようになっています。

韓国資本と日本資本の学校は、それぞれ特徴がありますので、留学先の候補として比較してみると、違いがわかるようになるでしょう。

8割以上の語学学校は韓国資本です。

でも、日本人の留学が増えているため、どんどん日本資本の学校が増えています。

それをあらかじめ把握しているだけでも、教育のスタイルが見えてきます。

フィリピン留学に費やす料金の違い

語学学校が韓国資本か日本資本かで、料金に違いがあるのではないかと思う方も多いでしょうが、実際にはあまり大きな違いはありません。

構成されるカリキュラムによって料金が異なりますので、資本の違いによる差が無いということを知っているだけで良いでしょう。

フィリピン留学の先駆けは韓国ですが、日本資本でもお高いイメージはないのです。

勉強のスタイルが大きく異なる

韓国資本と日本資本の違いが発生する部分は教育のスタイルです。

かなり詰め込みのスケジュールになるのが韓国資本。

1日10時間以上の授業を行うというのも珍しくありません。

むしろ、もっと多くの授業時間を設定している語学学校もあるのです。

半日以上の時間を学校で学習しなければならないのは辛いかもしれませんが、その分多くの英語に触れることがメリットでもあるのです。

一方、日本資本の語学学校は、授業時間の辛さを軽減し、マンツーマン指導を重視しているのが特徴です。

こうして比較すると、かなりスパルタなように思える韓国資本の語学学校。

それでも、英語漬けになる環境として魅力を感じる方も多いのです。

どちらに魅力を感じるかはそれぞれ違うでしょうが、フィリピン留学にもバリエーションがあることを知っておいても損はしないでしょう。

英語を学ぶ環境は、ほんのわずかな違いで大きく違うのです。

自分がどのようなスタンスで学びたいかを固めると、おのずと選択する方向性が見えてくるのではないでしょうか。

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、
Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

セブ島・フィリピン英語留学の情報を発信中。最新情報はこちらでチェック

follow us in feedly

関連記事

「TOEICテストハイパー模試」のレビュー 模試を何度も繰り返しやることで、点数UPにつながります!(M.Mさん 女性 関西学院大学 3年)

書籍の情報について TOEICテストハイパー模試 ・出版社:旺文社 ・発売時期: ・価格:1,800円+税 総合評価点5/5点満点…

「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の量が多く、さらに分かりやすいです(H.Sさん 女性 関西学院大学 4年)

書籍の情報について 入試頻出英語標準問題1100 ・出版社:桐原書店 ・発売時期:1998年7月 ・価格:1350円+税 …

「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の量が多く、さらに分かりやすいです(H.Sさん 女性 関西学院大学 4年)

書籍の情報について 入試頻出英語標準問題1100 ・出版社:桐原書店 ・発売時期:1998年7月 ・価格:1350円+税 …

「ENGLISH EXPRESS 9月号」のレビュー-レベル別に時事問題についてのリスニング素材が用意されている。(A.Kさん 女性 筑波大学 1年)

書籍の情報について ENGLISH EXPRESS 9月号 ・出版社:朝日出版社 ・発売時期:2016年9月 ・価格:124…

「Duo3.0」のレビュー-語彙力・英語力向上のための日常学習のためにも使うことができます。(N.Yさん 女性 筑波大学 2年)

書籍の情報について Duo3.0 ・著者:鈴木陽一 ・出版社:アイシーピー ・発売時期:2000年 ・価格:1296円 総合評価点4/5…

このカテゴリの新着記事

2018年6月5日 「TOEICテストハイパー模試」のレビュー 模試を...

2018年6月5日 「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の...

2018年2月26日 「入試頻出英語標準問題1100」のレビュー 解説の...

2017年3月27日 「ENGLISH EXPRESS 9月号」のレビュ...

2017年3月27日 「Duo3.0」のレビュー-語彙力・英語力向上のた...

ページトップへ